車検が切れたら仮ナンバー

取得方法

仮ナンバーを取得するには各市区町村の役所に行って手続きをします。

役所の窓口で「仮ナンバーをお借りしたいのですが」と言えば通じますが、 もちろん役所までその車で行ってはいけませんし、手続きは有料ですので 代金も調べて準備しておきましょう。 手続きに必要なものは、申請場所で入手する申請書、自動車検査証、 自動車損害賠償責任保険証明書、免許証、認印、申請料金です。 ここで問題なのはその車検切れの車の自賠責保険が車検と同じく 切れていないかどうかです。 もしも自賠責保険が切れていたらそのままでは仮ナンバーは貰えませんので、 仮ナンバーより先に自賠責保険に入る必要があります。 車屋なりに保険会社に連絡して自賠責保険だけ先に加入しましょう。 簡単な使用地域と移動経路を記載して仮ナンバーを取得したら、 そのまま急いで車検に出しましょう。 仮ナンバーが手に入ったからしばらくこれで運転すればいいや、という考えは 通用しません。 仮ナンバーでの運行期間は基本的に5日間だけだからです。 その期間内に車検を受けて返却しなければなりません。 5日間を過ぎてしまったらその仮ナンバーでも公道を運転することは できなくなります。 ですので逆に車検のスケジュールに合わせて、スムーズに車検が受けられるよう 仮ナンバーの取得日を決めてもいいくらいです。 無事車検を通して普通に運転できるようになったら、運行期限を過ぎてから 5日以内に仮ナンバーを役所に返却します。